【高配当化】世界と米国、日本ともに10年も持てばそこそこの利回りになる

資産運用

こんにちはうーぱーです。

今回は世界、米国、日本ともに10年株を持っていたらどうなったのか

10年も株を持っていれば、どれも高配当化することが判明しました。

うーぱー君
うーぱー君

今は高配当じゃなくても、いずれは・・・

そんな可能性もあるね

こんな方に向けて
  • 高配当株にしようか迷っている人へ
  • 増配率を考えたらどれが高配当なのか
  • 株価と利回りを比較するとどうなるのか

VT、VTI、VYM、日経平均の配当金を比較しよう

データは各年の12/20~12/22日の間のデータになります。

VT,VYM,VTIのデータはVANGUARDから

【1346】日本(日経225)はこちらからデータを取っています。

配当利回り

例えば、株価100円、配当利回り3%だとすると・・・

1年に3円の配当金がもらえるということです。

10年間の配当利回り推移
利回り世界(VT)米国高配当(VYM)米国(VTI)日本(日経225)
20201.67%3.25%1.44%1.40%
20192.31%3.01%1.77%1.70%
20182.59%3.41%2.11%1.61%
20172.11%2.80%1.70%1.41%
20162.38%2.89%1.91%1.36%
20152.46%3.23%1.99%1.31%
20142.41%2.75%1.75%1.03%
20132.11%2.85%1.77%1.03%
20122.32%3.21%2.13%1.48%
20112.37%2.97%1.94%1.59%
10年間の配当利回り推移

米国高配当(VYM)が約3%

世界(VT)・米国(VTI)が約2%

日本(日経225)が約1.5%

うーぱー君
うーぱー君

そんなに大きく利回りはかわらないんだね

高配当を名乗るだけあって、VYMは少し配当利回りが高めなんだね

増配率

増配率は去年の配当金に対して、何%増えたかを表しています。

去年10円の配当金がもらえていて、今年11円配当金がもらえれば

1円増えているので1÷10で10%の増配率ということになります。

10年間の増配率推移
増配率世界(VT)米国高配当(VYM)米国(VTI)日本(日経225)
2020-18.22%2.26%-4.66%-7.88%
201913.18%7.27%11.52%25.07%
20186.03%10.33%11.17%1.21%
20177.45%8.84%5.78%21.25%
20162.97%2.65%7.16%7.48%
2015-3.42%12.63%10.59%36.56%
201419.80%9.09%11.72%11.38%
20137.29%9.79%7.04%11.33%
201211.89%20.05%26.76%14.50%
10年間の増配率推移

増配率はVYMもそんなに高くないみたい

世界(VT)はちょこちょこマイナスになっている年があります。

新興国も入っているので仕方ないような感じでしょうか

増配率だけで見れば、日本株も結構悪くない数字が出ていますね

2011年を基準に買ったときの値段の利回りを求める

比較する理由は、買ったときの価格に対して10年後に利回りが何%になっているか

気になったので比較することにしました。簿価利回りと言ったりします。

VYMは凄まじい利回りになっていることがわかる

2011年比較の配当利回り
2011年比利回り世界(VT)米国高配当(VYM)米国(VTI)日本(日経225)
20203.61%6.50%4.35%4.69%
20194.41%6.36%4.56%5.09%
20183.90%5.93%4.09%4.07%
20173.68%5.37%3.68%4.02%
20163.42%4.94%3.48%3.32%
20153.32%4.81%3.25%3.09%
20143.44%4.27%2.94%2.26%
20132.87%3.91%2.63%2.03%
20122.68%3.56%2.46%1.82%
2011年比較の配当利回り

世界、米国高配当、米国、日本ともに買った時に対して10年程度保持していれば

4%を超えてくる印象ですね。4%というと結構高配当です。

VYMは10年所持していれば、

タバコ株には届かないけど超高配当化していることがわかります。

配当金額の%推移になります。

2011年の配当金を100%としたきの推移になります。

2011年比較の配当金%
2011年比利回り%世界(VT)米国高配当米国(VTI)日本(日経225)
2020150.83%219.00%208.70%294.66%
2019184.43%214.15%218.89%319.85%
2018162.96%199.64%196.28%255.73%
2017153.68%180.94%176.56%252.67%
2016143.03%166.24%166.92%208.40%
2015138.90%161.94%155.76%193.89%
2014143.81%143.78%140.84%141.98%
2013120.04%131.80%126.07%127.48%
2012111.89%120.05%117.78%114.50%
2011年比較の配当金%

長期で持っていると高配当化するというのは

買ったときの価格に対して利回りが良くなることを言うのですね。

日本株は株主に対して、少しずつ還元するようになってきました。

ここ10年は日本株もそんなに悪くないことがわかる

2011株価世界(VT)米国高配当(VYM)米国(VTI)日本(日経225)
2020213.74%200.22%303.21%336.01%
2019188.93%211.28%257.98%299.54%
2018148.76%173.80%194.14%253.32%
2017172.26%191.70%216.09%286.24%
2016142.29%170.72%182.68%243.50%
2015133.55%148.81%163.49%235.00%
2014141.01%155.39%167.77%220.19%
2013134.90%137.36%148.31%197.81%
2012114.39%111.07%115.37%123.50%

株価は世界と米国高配当は2倍

米国と日本は3倍に成長したことがわかります。

2011年に2000万円分、米国や日本株を持っていたら6000万円になっていたこと・・・

うぱお
うぱお

日経平均伸び過ぎじゃない?

日本株もここ10年は健闘しています。

ただし、切り取った期間によって成績は大きく変わります。

google検索結果
うぱお
うぱお

2011年〜2020年を切り取ると

良い結果になるのね

比較すると2011年から2020年の間は日米ともに力強い株価の成長があったことがわかります。

こういうのを見ると、米国に一極集中がいいんじゃないかと思ってしまいますね・・・

この先10年がどうなるかは誰にもわかりませんので、僕は全世界に分散したものに投資していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました