【2511】NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス、特徴まとめ

資産運用

こんにちはウーパーです。

今日は東証上場のETF、債権候補の

【2511】NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックスについて

こんな人に向けて
  • 配当利回りは?
  • 価格の推移【米国国債(AGG)と比較してみる】
  • 構成国・比率はアメリカ40%程度
  • 為替ヘッジは・・・付けたほうがいいの?

一緒に比較するのは以下の3つになります。

世界に分散した債権 と 米国債権の比較になります。

  • FTSE世界国債インデックス(ヘッジなし)(2511)
  • FTSE世界国債インデックス(ヘッジあり)(2512)
  • AGG(米国総合債権)(AGG)
【2511】NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス
  • 利回りは2.0%程度
  • ヘッジは投資目的による!(値動きを抑えたいならヘッジありがいい)
  • 市場の価格はほぼ横ばい
  • 構成はアメリカ4割、ユーロ4割、その他2割
  • 償還リスクは問題なし

配当金の推移

債権の配当金は横ばいです。

2511の設定が2017年のため長期チャートはありません。

2511(ヘッジなし),2512(ヘッジあり)を比較すると・・・

ヘッジなしのほうが配当金は多いですね。

右側の軸がAGGの配当金です。AGGの配当金は(半年を合計しています)

うーぱー君
うーぱー君

配当利回りは・・・

米国国債が利回りは2.5%程度

2511(ヘッジなし)は2.0%前後

2512(ヘッジあり)は1.0%程度

ヘッジありはヘッジコストが掛かるので配当金は一番低いですね。

  • 配当利回り:AGG>2511>2512
うぱお
うぱお

ヘッジとは・・・・一体

ヘッジ:国間の金利差のこと

 

アメリカの短期金利>日本の短期金利の場合は

アメリカの短期金利ー日本の短期金利=ヘッジコストということになります。

赤い部分がコストとなり、配当金から減らされます。

基本的にはアメリカの短期金利のほうが高いので、逆転することはないと思います。

逆の場合は日本の短期金利ーアメリカの短期金利=ヘッジプレミアム(この部分が配当金に+される)

1ドル110円で買ったけど・・・・売るときに1ドル100円になっていたら

円換算で10%程度損したということになります。

これを抑えたいのであれば【ヘッジあり】を選択するといいと思います。

ヘッジありにすると、どうなるのか
  • 値動きが小さくなる(為替の影響を抑える)
  • コストが掛かる

どのくらいのリターンが得られたのか

ここ3年間は緩やかな、右肩あがり・・・横ばいってことでしょうね

分かりづらいので%表記のものを作成しました。

若干米国債権のほうがパフォーマンスが優れていることがわかります。

株式もそうですが、米国の債権が人気だと言うことがわかりますね。

うーぱー君
うーぱー君

アメリカ以外の国の金利が低い

  • 債権も株式同様アメリカが強い
  • 世界全体でもプラスではある

どれを選択するかは何を重視するかになりそう

債権本来の役目:値動きを抑えるためであるなら2512(ヘッジあり)

配当金をもらうなら、2511(ヘッジなし)、AGGのどちらかでしょうか

アメリカが今後もトップを走り続けると思うならAGG

アメリカ以外も含めたいなら、2511といった感じでしょうか

うぱお
うぱお

株式と一緒でほとんどアメリカなんでしょう?

うーぱー君
うーぱー君

債権市場はアメリカ4割、ユーロ4割、その他2割

日本を除くだけどね

構成国はどうなっているのか

アメリカ4割、ユーロ圏4割、その他2割といった感じでしょうか。

2018年の債券市場時価総額は、世界全体で約102.8兆ドルでした。主な国・地域のシェアをみると、米国が約40%、欧州連合(EU)が約21%、日本が約12%となっており、米国の市場規模が突出していることが分かります。

三井住友DSアセットマネジメント 米国ハイイールド債券市場の現状より抜粋

3年前はユーロ圏の割合が2割り程度だったことを考えると

ここ数年でユーロ圏の債権が、大量に発行されたことがわかりますね。

うぱお
うぱお

中身はわかったけど、指数と連動してる?

信託報酬と乖離率はどれくらいあるのか

2511の信託報酬と乖離率
  • 信託報酬は0.12%,(AGGは0.04%)
  • 乖離率はざっくり-0.6%程度

 

対象指数が107.4、取引価格が99.9%ということで

7.5%差がありますが、これは配当金が反映されていません。

再投資していたのであれば1口持っていたとすると・・・

現在の取引価格1,000/0.99+配当金の合計は65.3円=1,075

1,075/(1,000/0.99)=106.4%

乖離率は3年で0.6%(信託報酬3年分で約0.4%分マイナス)

野村さんせっかくだし表示してみたらどうでしょうか・・・月次レポートにはしっかり書いてあるんですけど数値がありません!!!

うぱお
うぱお

乖離率とかは、もっと見やすくてもいいのでは・・・・

償還リスクはあるのか

受益権の口数が20営業日連続して50万口を下回った場合、

もしくは外国債券・FTSE世界国債インデックスが廃止された場合

受益権は2020/9月の決算を見ると620万口あるので問題なさそうですね。

一番下のオレンジのグラフが純資産です。2019年くらいから伸び続けていますね。

うぱお
うぱお

老後資金が2,000万円不足している!!!!

どこかの大臣が,騒ぎ出したときからですかね

やはり政府がひとこと言うと、売れやすくなるんでしょうね

 

【まとめ】2511、NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックスの特徴まとめ

【2511】NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス
  • 利回りは2.0%程度
  • ヘッジは投資目的による!(値動きを抑えたいならヘッジありがいい)
  • 市場の価格はほぼ横ばい
  • 構成はアメリカ4割、ユーロ4割、その他2割
  • 償還リスクは問題なし

中身は悪くないんですけど、全然売れてない感じがします。

わざわざ国内のETFを買う必要はない・・・ということなんでしょうか。

うーぱー君
うーぱー君

パフォーマンスならAGGのほうが優れているからね

うぱお
うぱお

現金を遊ばせておくなら、債権にしておきたいなぁ

うーぱー君
うーぱー君

株比率が高くなったときの選択肢として覚えておこう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました