【酸欠・温度注意!!】コリドラスの引越し方法

アクアリウム
コリドラスの引越し

こんにちは、うーぱーです。

今回はコリドラスの引越しについて!

以下の解説をしていきます。

引越しの手順と注意点
  • 引越しの流れは?
  • 酸欠対策に酸素石 or 電池式エアレーションを!
  • 容器は発泡スチロールのそこが広いもの容器がおすすめ!
  • 夏と冬は発泡スチロールを二重にするなどの対策が必要
うーぱー君
うーぱー君

コリドラスの水槽なので、〜60cm水槽を基準に考えているよ。

春と秋の丁度いい温度のときは、自力でやるのがおすすめ!

夏と冬は業者に頼む or しっかりと対策をとって自分でやる

車がないよって人はレンタカーを使うという選択肢も

引っ越し時の流れは・・・・

セルフで水槽引越しの準備手順
  1. 生体と水草を発泡スチロールの容器に移す。(数が多い場合には酸素石をいれよう!)
  2. 水槽の水を抜く
  3. バケツなどに砂、土管や大きめの石などは移す
  4. 引越し先に移動して待つ!

1,発泡スチーロールを用意する

水が漏れないようにゴミ袋をかぶせて、その上から水をいれます。

2,生体や水草を移します。

石や重たいものは避けたほうが無難です。コリドラスが潰れるかもしれません。

酸素の出る石 or 電池式エアレーション

後述しますが、入れたほうが無難です。

3,残りの石や砂、土管、流木などはバケツに入れて、ゴミ袋で覆っておきます。

4,袋を閉じて、引越し先に車で運搬します。

ゴミ袋と水面との間に余裕があると◯。

ビニールにコリドラスがくっつくため

 

5,引越し先で荷物がくるのを待つ、一度蓋をあけて様子を確認しよう!

8時間置いておきましたが、17匹誰も落ちなかったです。

気温・水温は17℃でした。

※ステルバイは丈夫なので15℃くらいなら大丈夫でしょう!

夏は日の当たらない場所に、冬は日の当たる場所が良さそうですね。

引越し先にくればエアレーションを突っ込むこともできます。

うーぱー君
うーぱー君

電気の開始申請はしておかないとね・・・・・

引越し業者に頼むと、水槽は可能 生体は不可!例外あり

業者名サービス内容
ヤマトホームコンビニエンス水槽の運搬は可能、砂利とポンプ、ろ過器は一緒だと不可
アート引越センター水を抜いた水槽は運搬可能
サカイ引越センター生体は不可と記載があるが水槽は不明
赤帽地域限定だが、生体は可能

生体は引っ越し屋さんでは基本的に不可なため

生体は自分で運搬するか、専用の業者に頼む必要が出てきます。

購入したペットショップに相談する

or 専門業者に頼むなどすると良いでしょう。

赤帽さんは生体も可能みたいです。

参考に専門業者の値段を・・・【お魚引越センター】

プラン名生体梱包水槽解体搬出輸送搬入セッティング生体投入
まるごとプラン
運ぶだけプラン
お魚引越センター 基本料金より

○がない箇所は自分でやらないといけません。

お魚引越センター(まるごとプラン)
〜幅30×奥行30×高30cm
(水量30Lまで)
22,000円
〜幅60×奥行30×高36cm
(水量60Lまで)
26,000円
〜幅90×奥行45×高45cm
(水量180Lまで)
48,000円
〜幅120×奥行45×高60cm
(水量320Lまで)
77,000円
〜幅180×奥行60×高60cm
(水量650Lまで)
123,000円
特寸サイズご相談ください
お魚引越センター 基本料金より
お魚引越センター(運ぶだけプラン)
〜幅30×奥行30×高30cm
(水量30Lまで)
15,000円
〜幅60×奥行30×高36cm
(水量60Lまで)
18,000円
〜幅90×奥行45×高45cm
(水量180Lまで)
33,000円
〜幅120×奥行45×高60cm
(水量320Lまで)
54,000円
〜幅180×奥行60×高60cm
(水量650Lまで)
86,000円
特寸サイズご相談ください
お魚引越センター 基本料金より

片道30kmを超えると1kmに付き100円追加されます。

うーぱー君
うーぱー君

まるごとプランは、すべて業者がやってくれる便利だね。

うぱお
うぱお

結構高いような・・・

うーぱー君
うーぱー君

僕は自分の車で、水槽と生体を運んだよ。

うぱお
うぱお

運搬するとき酸欠にならないの・・・?

酸欠注意!引越し中は大丈夫なのかな

結論から言うと入れたほうがいいです。

温度15℃20℃25℃30℃
限界時間10時間7時間4時間2.5時間

この時間を超えてくると、コリドラスが水面で呼吸するようになります。

調べてみると、お魚が住むのに必要な酸素量は 4mg/L以上!

株式会社セラジャパンのここに書いてあります。

温度により水に溶ける酸素量は変わってきます。

日本ペットフード参照

この量がMAXなので、実際の酸素量はもっと少ないはず。

消費酸素量は、金魚100gあたりの1時間消費量を参考にします。

金魚100gの酸素消費量15℃20℃25℃30℃
100gあたりの消費(ml)5.891215
日本ペットフード参照

コリドラス1匹あたり4gとすると、10匹で40g

10Lの水に10匹入れると、酸素量がどのように変化するのかをグラフにしました。

赤いラインを下回ると、4mg/Lを下回ることになります。

温度15℃20℃25℃30℃
限界時間10時間7時間4時間2.5時間

これを超えても☆になってしまうわけではありません。

コリドラスは空気を吸い込んで、腸呼吸することもできるのですぐには☆にならないです。

限界時間を超えると、水面に上がってきて呼吸する回数が増えてくるので

酸素石 or 電池式のエアレーションを入れておきましょう。

トラブルですぐにセットできない場合もあるので、準備だけはしておくと○

生体を入れる容器はどうすればいいのか

  • 底面積の大きめな発泡スチロールの箱を用意しよう!!
  • MAX10匹くらい
  • 落ち着ける環境があるように隠れる箇所を用意する

コリドラスは毒をもった生き物なので、小分けにしたいところ。

 

天敵が迫ったときに、ピンとヒレを張って食べようとしてきた生き物を刺す!

ピンとしているところに突撃すると・・・・毒で☆になる

うーぱー君
うーぱー君

昔、腹の横が赤くなって倒れていたコリちゃん・・・

きっとぶつかったんだね

容器は床面積が大きい、コリドラス間の距離が取れるものが良いでしょう。

1匹あたり500ml~くらい取れるといいと思います。

今回は8L中に8~9匹×2用意して運びました。

全滅してしまうのは寂しいなぁ・・・

と思ったので2つに分けました。

夏と冬は温度の変化に耐えられるのか!?

夏と冬は温度対策が必須になるでしょう。

種類別コリドラス限界温度
  • コリドラス・パレアタス→ヒーターなしで越冬する
  • それ以外20℃ぐらい、短時間であれば15℃くらいも耐える
  • 適温は20℃台

コリドラスの種類によって耐えられる温度は異なる

コリドラス・パレアタス(青コリって言われてるやつ)以外はあまり低温に強くないです。

2~3時間であれば15℃くらいでも大丈夫でしょう。

春と秋は15~20℃前後なので特に対策なしでもOK。発泡スチロールの中は温度低下が緩やかなため。

問題は夏と冬ですね・・・・対策なしでは、生き残れないと思われます。

車の空調で調節すればある程度はコントロールできるでしょう(20~26℃くらい)

うーぱー君
うーぱー君

水槽設置まで時間があるなら

・・・対策が必要だね!

夏冬の対策

 

2サイズ用意して、間にホッカイロや冷凍した500mlのペットボトルなどを用意することで、

温度の変化を緩やかにすることが可能です。

外気温が30℃のときに、このようにすることで水温(22℃)が12時間一定に保たれる。

夏や冬でどうしても自分で運びたい!ということであれば

この方法をためして見るのもいいかもしれません。

一度どんな温度になるか確認しましょう!

うぱお
うぱお

機会があったら追記します!

【まとめ】酸欠注意!!コリドラスの引越し方法

引越しの手順と注意点
  • 引越しの流れは?
  • 酸欠対策に酸素石 or 電池式エアレーションを!
  • 容器は発泡スチロールのそこが広いもの容器がおすすめ!
  • 夏と冬は発泡スチロールを二重にするなどの対策が必要

夏と冬でもなんとかなりそうな感じがしますね。

車がないと業者頼みになる感じ・・・レンタカーもあるみたいです。

コリドラス自体は割と丈夫ですが、自分で運ぶ場合には酸欠・温度に注意!

うーぱー君
うーぱー君

みんなも引越しするときは参考にしてみて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました